2015年11月12日

街道手帳2016年版が出ました

こちらのブログもご無沙汰しております。ぼちぼちご紹介していければ、と思っております(^^;

さてさて、2015年も残すところあと1ヶ月半となってしまいました。早いものです(汗)
街道ウォーカーさんに便利な2016年の街道手帳2016が発売されました。

↓ 画像と文字はアマゾンにリンクしています。そちらから購入できます。



デイリーユーズのページは、月齢や旧暦入り。

IMG_1338[1].JPG

五街道の宿場間の距離が入った歩行記録のページと、五街道以外の自由に書き込める記録ページがあります。

IMG_1337[1].JPG


また、歩いているときに便利な、和暦・十干十二支の早見表、旧国名や尺貫法、変体仮名一覧、豆知識など、お役立ち情報のページ付きです。
来年の旅のお供にいかがでしょうか(^^)

「散歩かふぇ ちゃらぽこ」でも販売中。
Amazonや販売元へのご連絡で、購入できます。

Amazon 街道手帳2016

街道手帳のサイト ←お問い合わせ等もこちらからどうぞ。

来年への期待も膨らみますが、あと1ヶ月半、心残りなく歩きたいですね♪(^^)


タグ:手帳
posted by 街道なう at 19:07| Comment(0) | 文具・雑貨

2015年04月20日

東海道の床屋さん写真集!

昨年8月に新宿のギャラリーで開催された写真展「東海道中床屋ぞめき」が、写真集になりました!

東海道中床屋ぞめき

「ウォークマップ ホントに歩く東海道」シリーズでおなじみの風人社さんから発売されています。

街道ウォーカー林朋彦さんがめぐった、東海道の古き懐かしき床屋さん86軒、92点の写真を収録。
見たことがあるような、ないような……というか身近にもありそうな、風景に馴染んでいて普段はそれほど気に止めないけれどよく見るとどうにも味わいのある、昔ながらの床屋さんの写真がいっぱいです。

街道歩きのテーマは人それぞれですが、「床屋をめぐる」という方はこの写真展のお話で初めて聞きました!
でも、街道を歩いていて床屋さんって本当に多いんですよねぇ!!
それもそのはず。何しろウワサでは、全国の美容室や理容室の数はコンビニの数より多いとか…… ←これ、昨年8月の写真展の時くらいから「ウワサ」として言ってるんですが、どなたか確認してもらえませんか〜……(汗)
それでなくとも数が多い上に、旧街道は、昔から続くお店や生活に密着したお店が多いので、他のお店が全然ないような場所でも床屋さんを見かけることがあります。街道歩きをしていてノドでも乾いて「あ! お店だ!」と思ったら床屋さんだった……なんてこと、ありませんか?(ガッカリしてすみません。いえ、いいんです、床屋さんも必要です、でも歩いている時にはあんまり髪切らないし……)

理容業が活発な一方で、昔ながらの床屋さんというのは姿を消しつつありますが、街道にはまだあります! 床屋建築!
建築・内装に興味のある方も、昭和やレトロが好きな方も、街道歩きのテーマを模索中の方の参考にも、ぜひぜひどうぞ♪



東海道中床屋ぞめき

なお、現在東京日本橋にて、写真集発売記念写真展が開催されています。また、夏には京都でも開催とのこと。本と合わせてどうぞ〜♪

開催中〜26日(日) 日本橋アイアイエーギャラリー
8/27(木)〜9/8(火) 京都ギャラリー古都


blogimg03.jpg

posted by 街道なう at 20:44| Comment(1) | 街道歩きのテーマ

2015年04月04日

風人社「ウォークマップ ホントに歩く東海道」第9集発売です。

東海道を歩かれる方に絶賛おススメ中の、風人社「ウォークマップ ホントに歩く東海道」、いよいよ第9集の「舞坂〜御油(小田渕)」が発売となりました。

1万分の1地形図を使用した蛇腹式のルートマップに、見どころや歩くのに役立つ情報が満載で、ただいま第1集の日本橋から今回の第9集まで続刊中です。
これでホントに歩けます!!
歩かれた後の復習にも、ぜひぜひどうぞ〜(^0^) また歩きたくなっちゃうかも♪

→ 風人社サイト「ホントに歩く東海道」第9集

Amazonで予約

散歩かふぇ ちゃらぽこ」でもお取り扱いしております(^^)


blogimg03.jpg
タグ:地図 東海道
posted by 街道なう at 07:02| Comment(0) | 東海道の本

2015年02月20日

東海道を歩こうかな?と思ったら

先日ご紹介したムック本にも、ちゃらぽこ・ぱきらが「最初に見た本」として掲載されましたが、東海道を歩こうと思ってまず本屋さんで買ったのが山と渓谷社のこの「東海道を歩く―どこからでも歩ける492キロ、29コース (歩く旅シリーズ)」です。

10年前のことですが、歩こうかなと思った時はまだ「街道歩き」「東海道歩き」などというものがあることを知らず、一応見にいった本屋さんで東海道の本が出ている!ということにまずビックリして、大喜びで買った記憶が……。
(ほんと、この本を買うまで、東海道は最初から最後までずっと国道1号だと思っていたぱきらです。本を買わなかったら迷わず1号線を京都まで歩いていただろうなぁ……)

ゆくゆく実際に歩いてみれば、地図がとてもざっくりしたものなので、これだけで歩くのはちょっと不安で他の本も参照することになりましたが……。
でも、見どころがカラーの大きな地図で載っているので、眺めているだけでもワクワクで、他の本を頼りにしつつこの本も最後まで持って歩きました。
雨の箱根峠を持ち歩いて越えたので、行程の5分の1で早くもボロボロになっていましたが……。

「東海道を歩いてみようかな?」「街道歩きってどんな感じかな?」と思われたら、まずは入門編としておススメの1冊です。

私が歩いた時に参照していたのは2004年に出た旧版で、2008年に新版が出ています。

東海道を歩く旅―宿場町と街道名所をめぐる特選10コース&完全踏破 492km (エコ旅ニッポン 1)



旧版も、古本屋さんやAmazonマーケットプレイスで出ています。
(同じ内容で再版されていて書誌データが分かれているので、全て探される方はAmazonなどで「東海道を歩く」で検索してみてください)
東海道を歩く―どこからでも歩ける492キロ、29コース (歩く旅シリーズ)




旧版は日本橋から三条大橋まですべて道順通りに書かれていますが、新版は前半に「特選コース」として10コースをカラーで取り上げています。(後半は全行程が道順通りになっています。)
本文は旧版の方が全行程がまんべんなく詳しく載っていて、コラムなど読み物も充実していますが、名物や施設の紹介などは新版の方が多いようです。また、宿泊施設の情報など更新されています。
地図も新版の方が文字が大きく見やすくなっていますが、記載内容はそれほど変わりません。

旧版にのみ掲載されているコラムは以下の通り(それぞれ3ページ程度)。
 「箱根七湯と東海道」亀井千歩子
 「街道名物・安倍川餅にとろろ汁」阿川佐和子
 「赤坂宿の旅籠に泊まる」橋洋子
 「『東海道中舌栗毛』弥次喜多珍道中と旅の楽しみ」小佐田定雄
 「京街道と枚方宿」北原千佐子

ちなみに、さらにこの旧版の元となったという2000年発行のA4サイズのムックもあります。こちらはカラー写真ももっと多く、上記の他にもコラム記事がたくさん載っているので読み物として楽しめます。

歩く旅 (No.2) (別冊山と溪谷)



歩く参考にされるなら、新版が1冊あれば十分だと思いますが、いろいろ読みたいという方は下の2冊もどうぞ(^^)

blogimg03.jpg

タグ:写真 東海道
posted by 街道なう at 07:00| Comment(0) | 東海道の本

2015年02月12日

当サイト&「ちゃらぽこ」をムック本で紹介いただきます!

当サイトを運営する「散歩かふぇ ちゃらぽこ」は、東高円寺にある「歩くこと」をテーマにしたカフェですが、このたび洋泉社から出版される街道歩きのムック本に「街道の達人の集まる店」として取り上げていただくことになりました!!

2月13日発売。街道を歩くという本です。



出版社のサイトに目次がありますが(http://www.yosensha.co.jp/book/b193466.html)いずれも「街道の達人」として紹介されているのが錚々たる方々で、ここに交じっていいのかなドキドキ……ですが、ちゃらぽこの場合は「達人の集まる店」でして。ちゃらぽこにみえる達人さんたちも紹介されていますよ♪

街道ウォーカーさんはモチロンですが、一般向けのムック本ということで、これから歩かれる方にも入門編としてお楽しみいただけるのでは?と思います。
明日発売です! お楽しみに!!(^^)
タグ:全国 ムック
posted by 街道なう at 19:32| Comment(0) | 街道