2015年02月20日

東海道を歩こうかな?と思ったら

先日ご紹介したムック本にも、ちゃらぽこ・ぱきらが「最初に見た本」として掲載されましたが、東海道を歩こうと思ってまず本屋さんで買ったのが山と渓谷社のこの「東海道を歩く―どこからでも歩ける492キロ、29コース (歩く旅シリーズ)」です。

10年前のことですが、歩こうかなと思った時はまだ「街道歩き」「東海道歩き」などというものがあることを知らず、一応見にいった本屋さんで東海道の本が出ている!ということにまずビックリして、大喜びで買った記憶が……。
(ほんと、この本を買うまで、東海道は最初から最後までずっと国道1号だと思っていたぱきらです。本を買わなかったら迷わず1号線を京都まで歩いていただろうなぁ……)

ゆくゆく実際に歩いてみれば、地図がとてもざっくりしたものなので、これだけで歩くのはちょっと不安で他の本も参照することになりましたが……。
でも、見どころがカラーの大きな地図で載っているので、眺めているだけでもワクワクで、他の本を頼りにしつつこの本も最後まで持って歩きました。
雨の箱根峠を持ち歩いて越えたので、行程の5分の1で早くもボロボロになっていましたが……。

「東海道を歩いてみようかな?」「街道歩きってどんな感じかな?」と思われたら、まずは入門編としておススメの1冊です。

私が歩いた時に参照していたのは2004年に出た旧版で、2008年に新版が出ています。

東海道を歩く旅―宿場町と街道名所をめぐる特選10コース&完全踏破 492km (エコ旅ニッポン 1)



旧版も、古本屋さんやAmazonマーケットプレイスで出ています。
(同じ内容で再版されていて書誌データが分かれているので、全て探される方はAmazonなどで「東海道を歩く」で検索してみてください)
東海道を歩く―どこからでも歩ける492キロ、29コース (歩く旅シリーズ)




旧版は日本橋から三条大橋まですべて道順通りに書かれていますが、新版は前半に「特選コース」として10コースをカラーで取り上げています。(後半は全行程が道順通りになっています。)
本文は旧版の方が全行程がまんべんなく詳しく載っていて、コラムなど読み物も充実していますが、名物や施設の紹介などは新版の方が多いようです。また、宿泊施設の情報など更新されています。
地図も新版の方が文字が大きく見やすくなっていますが、記載内容はそれほど変わりません。

旧版にのみ掲載されているコラムは以下の通り(それぞれ3ページ程度)。
 「箱根七湯と東海道」亀井千歩子
 「街道名物・安倍川餅にとろろ汁」阿川佐和子
 「赤坂宿の旅籠に泊まる」橋洋子
 「『東海道中舌栗毛』弥次喜多珍道中と旅の楽しみ」小佐田定雄
 「京街道と枚方宿」北原千佐子

ちなみに、さらにこの旧版の元となったという2000年発行のA4サイズのムックもあります。こちらはカラー写真ももっと多く、上記の他にもコラム記事がたくさん載っているので読み物として楽しめます。

歩く旅 (No.2) (別冊山と溪谷)



歩く参考にされるなら、新版が1冊あれば十分だと思いますが、いろいろ読みたいという方は下の2冊もどうぞ(^^)

blogimg03.jpg

タグ:写真 東海道
posted by 街道なう at 07:00| Comment(0) | 東海道の本

2015年02月12日

当サイト&「ちゃらぽこ」をムック本で紹介いただきます!

当サイトを運営する「散歩かふぇ ちゃらぽこ」は、東高円寺にある「歩くこと」をテーマにしたカフェですが、このたび洋泉社から出版される街道歩きのムック本に「街道の達人の集まる店」として取り上げていただくことになりました!!

2月13日発売。街道を歩くという本です。



出版社のサイトに目次がありますが(http://www.yosensha.co.jp/book/b193466.html)いずれも「街道の達人」として紹介されているのが錚々たる方々で、ここに交じっていいのかなドキドキ……ですが、ちゃらぽこの場合は「達人の集まる店」でして。ちゃらぽこにみえる達人さんたちも紹介されていますよ♪

街道ウォーカーさんはモチロンですが、一般向けのムック本ということで、これから歩かれる方にも入門編としてお楽しみいただけるのでは?と思います。
明日発売です! お楽しみに!!(^^)
タグ:全国 ムック
posted by 街道なう at 19:32| Comment(0) | 街道

2015年02月10日

「真説・歴史の道」

こんな分冊百科が出ています、の第2弾です。
→ 「真説・歴史の道」全50巻 小学館(2010〜2011)

内容はリンク先に詳細が載っています(なんと、しっかり目次もついています!)が、こちらは歴史上の人物に焦点を当ててその人のたどった道をテーマにしたものです。〇〇街道というようなわけ方ではありませんが、その分よくある「街道ごと」の本とは違い、人の歩いた道、事件のあった道の痕跡をたどることができます。
歴史上の人が「〇〇街道」を正確に歩いているとは限りませんし、用事があって移動するのにひとつの「〇〇街道」だけで完結したわけではないでしょうからね。

こちらも歩ける地図はついていませんので、実際に歩くには別途資料が必要になりますが、歴史好きな街道ウォーカーさんやテーマを決めて歩きたいという方にはおススメです。ビジュアル中心なので、歴史に詳しい方よりも、入門書として読みたい方のほうがお楽しみいただけるかと思います。
上記のリンク先でも「在庫あり」となっていますが、古本屋さんでバラ売りもされていますので、興味のあるものだけ手に入れることもできます。

歴史上の好きな人物の足跡をたどる旅はいかがでしょうか(^^)

blogimg02.jpg
タグ:写真 歴史 全国
posted by 街道なう at 07:00| Comment(0) | 街道

2015年02月08日

分冊百科「週刊日本の街道」

こんな分冊百科が出版されています。
→ 「週刊 日本の街道」全100巻 講談社 (2002〜2004)
※ リンク先が書店のサイトですが……。

2002年から2年かけて出版されたものなので、もう10年以上も前。街道成立400周年で盛り上がったちょっと後の頃ですね。
全国の街道が、1冊につき1〜2(長い街道は分冊)掲載されていて、フルカラーで写真がたくさん載っています。街道全体の様子がつかめるのと、歴史や名産品の紹介も充実しています。
前回の記事の「日本の街道ハンドブック」と同じく、これは見てうっとり楽しむ用途。そのビジュアル版という感じです。

地図は全体をほぼ見開き1枚にまとめたイラストマップですし、説明もところどころで間がざっくり端折られていたりしますので、実用向きではありません。(そもそも歩くことを想定して作っているわけではないと思いますが……)
でも、「あ〜ここ行きたい!」とか、「この街道ってどんな感じかな?」と、見て楽しめます。また、解説のある部分はとても詳しく取り上げられているので、次に歩く場所の予習の一環にも(^^)

と、そんな感じの資料なのですが、これが使えるかどうかということよりも、街道がこういった2年間も続く分冊百科のテーマとして取り上げられたことが嬉しい。これだけ見応えのありドラマのある魅力的な街道が日本中にこんなにたくさんあるというというのがまたワクワクする。そしてこのクオリティで100冊作り上げたのがえらい!
あと、全巻そろえた人がまたすごい!!

「ちゃらぽこ」で所蔵しているものは、100冊セット(バインダー付き)でインターネットの古本屋さんで買ったのですが、これを2年間毎週買ってそろえた人がいるんだなぁ〜と思うと、飽きっぽいぱきらなどは感動を覚えてしまいます……。楽しみにしていたのかな〜。
印字の薄れたレシートが挟まっていましたよ。2003年の日付で、書店の電話番号からすると千葉県のようです。集めた方、どなたかは知りませんが、大事に使わせていただきますm(_ _)m
(古本屋さんで寄せ集めたとかそういうことは、このさい考えないことにする。)

当然ですが、新刊の書店ではほぼ手に入りません。
町の古本屋さんなどでは、1冊200円くらいでバラ売りしているのを見かけます。それで必要な街道だけ買われるのもありかと。インターネットの日本の古書店などでは全巻セット・バインダー付きでも手に入ります。私は確か8000円台だったと思いますが、書店や状態により価格にかなり差があります。
(でもこれが1万円前後なら相当お買い得だと思います。というか申し訳ないくらいだと思います(^^;

全体的なことが知りたい方、歩きに行けない日に眺めてうっとりしたい方はぜひぜひ。
ただしくれぐれも! これを参考に歩くのは無理ですから!
(いや、迷うとか以前に、スタート地点に着けません。)
地図は別途お探しください!!
タグ:写真 概要 全国
posted by 街道なう at 11:00| Comment(0) | 街道

2015年02月07日

街道歩きの本

街道歩きの本や、関連の本をご紹介していくブログです。
まず初日の本日は、あちこち歩き回りたい街道ウォーカーには必携の1冊。

「日本の街道ハンドブック―『旅ゆけば心たのしき』街道小事典」
 竹内誠 三省堂; 新版 (2006/05)

全国の街道の歴史と概要を集めた1冊。
地図やルートには詳しく触れておらず実用向きではありませんが、たくさんの街道が1冊にまとめられたゼイタクな内容に、パラパラめくっているだけでもうっとりしてしまいます。

「街道なう」でも、Twitterの時からお世話になっております。
次に歩く街道の計画に、いかがでしょうか。
タグ:概要 全国
posted by 街道なう at 10:00| Comment(0) | 街道